着物

2015年01月05日

お正月らしく、着物で遊んでみました。

まずは、リカちゃんとブライスの服を交換。
リカちゃん(23cmドール用)に作った金彩友禅の着物をブライスへ、ブライス「グッディーガールゴーゴー」のデフォルト服をリカちゃんに着せてみました。
ほぼ同じボディサイズなので、サイズ感はバッチリです。
ブライスのキャビンアテンダント服もリカちゃんに結構似合います。

mini__DSC0878


そしてオビツ50cmの「ブラウ」です。

fr_2633_size880



fr_2636_size880

お行儀が悪いですが、寝転んで雑誌をながめてる感じで。
オビツボディは可動範囲が広いのでかなり遊べますね。


fr_2654_size880

このタリーズコーヒーのマグカップは、以前缶コーヒーのおまけについていたLEDライト。
サイズ的に合うかと思って、ひきだしの奥から出してみました。
コーヒーを持たせたら、エプロンも作ってカフェスタイルにしてみたくなりました。

そして、オビツ50「ブラウ」に作った着物の残り生地で、遊びに来ていた先輩のDAL「雛苺」にもおそろいの着物を縫ってみました。
23cm用型紙で作っています。
こういう着付け、和風ロリータでかわいいですね。
fr_2640_size880



こちらはジェニーフレンドのエリカさま。
友人からの借り物ですが、アップにした髪形がステキだったので、オビツ27の「綾瀬」に作った着物を博徒スタイルに着付けてみました。

mini__DSC0879

胸にはさらしを巻いてる風に。
さいころも欲しいところです。

fr_2663_size880


この帯結びは「ひっかけ」と言うそうです。
時代劇で町娘やおかみさんが締めていて、「お太鼓かな?」と思って調べてみたら違ったという(汗)
解説を見ながら締め付けてみました。
そもそも、お太鼓は江戸後期の結び方なので時代劇には出てきませんね(恥)



2014年12月30日

mini__DSC0780

さて、今日は年末の準備のついでに赤いミシン糸がなくなりそうだったのでふらりと手芸店へ行ってみました。
そしたらちょっとかわいい生地を見つけてしまったので衝動買い。1mで1500円なので安くはないけど、普通の綿プリントのようでいてところどころシボ加工が入っています。

で、帰ってから思いつきでうちのオビツ50ドール「ブラウ」に和服を縫うことにしました。
型紙は・・・ボディに定規を当てながら手描きで適当に設計図を描いて、生地に直接製図をしていきました。
実寸大型紙はかなり紙のムダなので作る予定はありませんが、そのうち設計図だけでも清書して載せようかと思っています。

採寸してわかったのですが、このオビツ50の「ブラウ」ちゃんは非常に足が長い!
人間用の「乙女のソーイングBOOK・4」に載っていたミシンで作る和服を参考に型紙を取りましたが、人間用のとバランスがずいぶん違って苦労しました。
前身頃と後身頃をつなげて裁断したので、1mほどの生地が必要です。幅は少ないんですけどね。

mini__DSC0781

袖がもうちょっと大きくても良かったかな。
でも球体関節が見えてわたくし的には良し。

例によって伊達締めや腰紐を平ゴムで作って着付けました。
オビツ27の着物に比べると、格段に着付けはラクです。

生地が正月ぽいかどうか微妙だったので、帯は太鼓の作り帯にしてみました。
ちょっとよそいきな訪問着の感じで。

帯締めはヘアゴム、帯揚げはちりめんですがちょっと生地が厚くて浮いてますね。
でもドールが大きいと生地の厚さもあまり気にせず縫うことができて楽です。

 mini__DSC0785

今回は衿付けの位置を低くしたので、「衣紋の抜き」もばっちり。
うなじが見えるのがステキです。

自分なりに納得のいくできだったので、今度は同じ図面を使って絹でも作ってみたいものです。
だけど、生地の消費量がとんでもない(笑)


(2014/1/5 追記)さて、こちらの着物の縫製に使った図面をPDFファイルにしました。
なにかの参考になれば幸いです。(実寸大型紙ではありません) 

50cmドール用着物型紙(PDF)
 

2014年12月29日

mini__DSC0746



前回の着物型紙を利用して、オビツ27の「綾瀬」に振袖を縫ってみました。

おはしょりを調節すれば、他のドールでも着られます。

使用した生地は、木目込み人形など和風人形専門店の寿鳳人形の東芸の通信販売を利用させていただきました。
本格的で華やかな生地が手に入り、とてもよかったです。さすが人形の老舗です。

mini__DSC0747

表側は梅の模様がメインになるよう裁断しました。

振袖部分には化繊の金彩友禅、帯には金襴、襦袢衿と袖には無金金襴を使っています。

帯揚げは近所の手芸店で買ったテトロンゴース、裏地は撥水生地を使いました。

mini__DSC0748

背中には菊や扇を。どちらも豪華な感じです。

この着物のために、オビツの持ち手セットや草履と足袋のセットも購入しています。
ぴったりはまって、着物の雰囲気にも合ってよかったです。

金襴の帯は作り帯ですが、別で袋帯も作って、立て矢を結んでみました。

mini_2502
 
この結び目も豪華でいいですね。 
これで正月らしい雰囲気がお部屋に増えました。
 
振袖型紙は前回の記事を参照してください。 

2014年11月30日

mini__DSC0711

ドールブログの77-16 , soragaoka様が公開してくださっている型紙で、この一年間、たくさんの振袖や浴衣など和服を縫ってきました。
作りやすくて着付けも簡単で、自分がドール服づくりにハマるきっかけでもありました。

ですが、年末に作る予定の振袖はそろそろオリジナル型紙で作ってみたい。
ということで、練習もかねて今回は人間用の着物作りを参考にストライプの小袖を作ってみました。
これで納得できる仕上がりになれば、そのまま振袖に生かそうかという魂胆です。

型紙作りの際には人間用着物作りの寸法を見ながら、オビツボディ27に合わせて変更して作図しました。
モデルはオビツボディ27(S胸・ホワイティ)+06ヘッドの「綾瀬」です。

mini__DSC0716

縫う際にはほとんどミシンを使っていますが、なるべく本物の着物と布の重なる順番(きせの掛け方)が同じになるようにし、衿付け袖付けなどは手縫いです。

着付けに際しても、普通のドール和服は先におはしょりを縫っておくようですが、私はおはしょりは縫わずに腰紐と伊達帯に相当するゴムバンドを自作して着せ付けています。
身八つ口を作っておいたので、調整はしやすいです。

帯はすてきな菊模様の作り帯をもらったので付けてみました。
fr_2440_size880

ですが、のちほどありあわせの生地で幅4.5cm×長さ60cmの袋帯を作り、二重太鼓で結んでみました。本物と同じく、帯枕、帯揚げ、帯締めを用意し、仮紐も使いながら帯を締めていきました。
何度も挑戦しましたが、慣れると楽しいですね。

mini__DSC0717
 
fr_2442_size880 (1)
 
裏側は雑ですが、共衿や裏地も付けてあるのが見えますでしょうか。

ということで、ある意味着物の構造と着付けを理解するための実験となりましたが、普段着っぽい着物が作れて良かったと思っています。
次回はこの型紙から友禅染を使った振袖を作ってこの綾瀬さんに着せたり、衣桁(着物用ハンガー?)に飾ったりしようかと思っています。 
 

ということで、型紙を置いておきます。
作り方は省略させていただきますが、和裁のサイトなども参考にすると良いと思われます。
この型紙は単純ですが、その分着せつけは異常に面倒なので、気軽にドール和服を楽しみたい方はぜひとも77-16 , soragaoka様の振袖・浴衣記事を参照してください。

~~ 27cmドール用振袖・着物型紙 ~~

※今回の型紙には縫い代を付けていません。各自で縫い代を確保して裁断してください。


JPG版(PDFが開けない場合にお使いください)

PDF版(A4タテ、100%で印刷してください)

27kimono


 
 

2014年11月07日

mini__DSC0627




手芸店ですてきな和柄ハギレを見つけ、さらにいつもお世話になっている「77-16 , soragaoka」さまにて27cmドール用振袖型紙が発表されたので、これを機にジェニーちゃんの振袖を縫ってみました。
いつもながら縫いやすく、柄を生かせる型紙に感謝しております!
77-16 , soragaoka」さまのサイトにはいろんなドールに合わせた型紙もありますし、羊毛フェルトなどいろんなジャンルを網羅していらっしゃるので、ぜひご覧になってください。

さて、今回のポイントは手芸店で見つけたちりめんハギレを使った帯揚げと、袖から見える白い部分。実は襦袢ではなく、長方形に裁断した布を折りたたんで挟み込んでいるだけです(笑)
でも襦袢を着ているかのように見えるので、少しは効果があったかと思われます。

帯締めもビーズで作ってみました。
最初はスクエアステッチで市松模様を編んでいたのですが、途中で投げ出しました(笑)
結局、ビーズを糸に通してねじって付けています。

mini__DSC0631

ジェニーちゃんはリカちゃんより身長があるので、とても映えます。


mini__DSC0622

華やかに文庫帯です。
上記のsoragaokaさまのサイトで解説を読みつつ、金糸と勘違いして温存していた「金プリント」の入った和柄で作ってみました。 写真ではわかりづらいですが、普通のコットン生地なのにちゃんとキラキラしていて、縫いやすくお安く手に入ります。
いずれは金襴なんかも使ってみたいものです。

少し早めのお正月準備でしたー

2014年08月28日

ということで、いつも型紙をお借りしているsoragaoka様から、当サイトの袴型紙ご利用報告と画像使用許諾をいただいたので、作例として紹介させていただきます。
私が作成したものではありませんので、画像の転載などは禁止いたします。

元サイトは77-16,Soragaokaさまです。
そちらではキャプション付きでこちらの袴姿や製作の様子が読めますので、あわせてご覧ください。
ほかにもたくさんのドール服作例や型紙、4コマコミックなどいろいろ楽しめますので、ぜひ♪


drta-hakama02

なんとも大正ロマンにあふれるお姿です・・・
私のイメージした「これぞ袴!」って感じのスタイルに仕上げられています。

こちらのモデルは「DAL」のダータさま。
髪型も、本を大切そうに抱える姿もかわいくてちょっと切ない。
着物や小物でドールの表情はグッと変わります。

drta-hakama03
矢絣の着物と紫の袴が良く合っています。

袴を作製する際にはDALに合わせて両端を少し減らして、丈も5mm詰めて調整なさっているようです。
みなさまもお手持ちのドールに合わせて調整してみてくださいね。

ちなみに、(ここ重要ですが)この帯は作り帯になってます。
実は私はこの「袴帯のリボン風な結び方」ができずにあきらめたので、「こういう手があったか!」と目からウロコでした。

そして袴を作る際には「型紙を布と一緒に折ってアイロンをかけた」ということでまた「そんな手が!」と思いました(笑)
ひだの作り方は難しいので、線を転写する手間を考えると、賢い方法です。
私のはチャコペンで型紙を転写していたので、少しズレてます・・・

drta-hakama04

後姿も袖と袴のシルエットがキレイですね。さすが本家の作品です!
やはりブーツがあるかないかで気分がまったく違うので、袴を作る際にはブーツのご用意も忘れずにー

↓さて、21~23cmドール用袴型紙はこちらから↓
riccahakama1

リカちゃん人形をモデルにした私の作例と制作方法などはこちらです。 

上着や帯の型紙、制作方法は77-16,soragaokaさまの21~23cmドール服型紙|簡単着物 ~その1~からどうぞ。

ということで、この度はsoragaokaさま、ありがとうございました!
気になる点などありましたら遠慮なくおっしゃってくださいね。

2014年01月03日



P1010536

お久しぶりでございます。 

最近はtwitterに入りびたりですが、思い立って我が家のドール 
「プーリップ・初音ミク」の服を縫うことにいたしました。 
生地は牧の原の手芸店「大石しん店」のワゴンセールで
かなり前から買い込んであったんだけども。


で、今日はワンピでも縫うかと思って型紙をネットで漁り、 
ずいぶん省略された型紙で使い方が分からずおろおろ。
その後、和服の型紙を見つけてこれならなんとか
なるんじゃね?と
思って製作開始。
 
プーリップは27cmドールのカテゴリになるんだな、ふむふむ。
さらに細かい話をすると、このプーリップは2011年製なので
『4thボディ』になります。

で、プリンタで型紙を印刷して切り取り、 
チャコペンで布に書き写し、裁断して縫製。 

かがり縫いとかなみ縫いとか用語分からないくせに縫い進め、 
粗い縫い目ながらも6時間掛けて帯まで完成。
襦袢も帯止めも省略・・・それ浴衣じゃんっていう。
 

巨大なツインテを三つ編みしてサイドに針金でまとめてから、
ミクさんに着せてみた。 
演歌歌手風0

お振袖はやっぱりかわいい。草履も作らなきゃー
ちなみに、押入れから引っぱり出してきたジェニーちゃんでもしっくりくる。
正直、ジェニーちゃんなのかリカちゃんなのか区別付いてないけど(汗
ジェニーさん0

文庫帯e400

友人に写メで見せたら「それ文庫帯でしょ?」といわれ
何のことかわからずググッてみて理解した。
リボンじゃないんだ・・・
つまり、帯の位置を間違えてたので、このあと直しました(笑)

型紙&作り方はこちらの77-16,soragaoka様より拝借いたしました。
ありがとうございます! 

<追記>
この後、和服を嗜む女の子にいろいろ手直しをしてもらい、髪飾りもつけてみました。
 P1010547
飾り襟、帯締め、帯揚げなどをつけてもらったら一気に本格的になりましたとさ。