紙粘土

2010年05月05日

というわけで、久々に娘と紙粘土。
娘は絵の具練り込みの技を使いながら
一生懸命クマを作っていたが、
どうみても「鷹の爪」のレオナルド博士だった。
今度白衣を作ってやろう。

そしてぼくの方は彩色後回しで初音ミクを作ることにした。
材料はいつものように100均の「かるーい紙粘土」。
だけど、粘土が柔らかすぎて今回はちょっと苦労した
というか正味2時間もかかってないやっつけ仕事で造形完了。
粘土板に置いたまま乾燥させたら、
頭とかスカートとか背面は真っ平らになってしまったw

とりあえず乾いたので彩色。
はじめは娘の水彩絵の具を借りて、全体を塗装。
なぜか娘の絵の具セットの中に「エメラルド色」があったので、
それに少し青を足して髪などを塗りたくる。

で、一日空けて自分の部屋に戻ってから
アクリル絵の具と水彩色鉛筆で顔などを描いていく。
IMG_100504_232112

まずは鉛筆で下書き。
紙に描いてから、実際に粘土の表面にも鉛筆で下書き。
それから油性ペンで目のアウトラインをつけて、
絵の具で着色。息は止めたままw

IMG_100504_232047

あとは髪留めとか紙で作ったネギとかにもチマチマ
色をつけていく。
腕の数字とかは色鉛筆の先を濡らしてから書き込んでみた。
そうするとうまい具合に粘土の上に色が乗った。
最後に目のハイライトを入れて完成!

IMG_100504_232156


ま、過去の作品と比べればだいぶマシな出来ではある。
ていうかエラ張り過ぎw
もっと精進していこう。