アニメ

2011年04月19日

相変わらずの100均ネタ。
以前セリアに行ったときに羊毛フェルトとフェルティングニードルが売られていたので、暇つぶしになるかと思い買ってみた。

羊毛フェルトは毛糸にする前の状態の羊毛に、フェルティングニードルを何度も刺す事でかたちを作っていくという手芸の一つ。
セリアでは原料となるフェルトが1色105円、ニードルは2本セット105円で売られていた。あと、刺すための台にするメラミンスポンジも買っておきたい。

気軽に始められて時間も潰せて作品も残るという。まさに趣味としてうってつけかもしれない。
もちろん、手芸専門店で買ってもそんなに高くはない。慣れてきたら専門店の高級羊毛の方がケバ立ちにくいし、専用のニードル(アップリケパンチャー?)も便利だし少ない回数でしっかり固められてラクだと思う。

で、作ってみたのが「Panty&Stocking With Garterbelt」という深夜アニメのキャラクタ、ホネコネコ。

「パンティ&ストッキング」はガイナックス制作のアニメ。
パワーパフガールズ風の絵柄なのに、さまざまな映画や旧作のアニメのパロディと下ネタがふんだんに取り入れられている上に実写特撮も使われていてほんとカオスなのだけれど、ぼくのような30代にはたまらなくおもしろい。俗に作画崩壊と呼ばれる変身シーンではバッチリ美少女になってるっていうギャップもいい。

ぼくはこの作品をたまたま見かけて気に入って、作中のキャラの中でもストッキングが大好きで、彼女が常に持ち歩いているホネコネコのぬいぐるみも買ったくらいなのだが、あえて小さいのも自作してみた。
1627009505_87


fr_432_size580


頭部は半円状に作ったものをつなぎあわせてある。
それから頭部の×模様を普通の糸で縫って、ストラップにできるようにした。

fr_433_size580


目とかホネとかの模様をいかに表現するかで悩んだけど、
薄くまとめたフェルトを載せてつっついてたらそれなりに繊維が絡んでくっついたw
できあがりはぶさいくでも、自作は愛着があってかわいいものです。

1699918708_187

こちらはパンダ好きの娘とカエル好きの息子のために作ってみた。
一体につき1時間くらいかかってると思う。
ちなみに、赤いマフラーは娘が手でひねって作ったもの。

肝心の作り方のコツだけれど、まずはクマを作れるようになる事でしょうか。
カエルもパンダも輪郭がいっしょw

ぼくは他のサイトのクマの作り方を見ながら頭をつくり、手を作り、脚を作り、胴体をつくり、それをニードル刺してつないでいき、最後に目や口を刺していく手順をおぼえた。
この手順を一度マスターしてしまえば、あとはいろいろと応用で作れると思う。

ケガには注意だけど、無心に針を刺しているととっても気が楽になっていくw
ホネコネコのぬいぐるみは結局人にあげてしまって、また買おうと思ったらどこも品切れ。再販しないのかな・・・
ホネコネコ ぬいぐるみ ホネコネコ ぬいぐるみ


2010年05月05日

というわけで、久々に娘と紙粘土。
娘は絵の具練り込みの技を使いながら
一生懸命クマを作っていたが、
どうみても「鷹の爪」のレオナルド博士だった。
今度白衣を作ってやろう。

そしてぼくの方は彩色後回しで初音ミクを作ることにした。
材料はいつものように100均の「かるーい紙粘土」。
だけど、粘土が柔らかすぎて今回はちょっと苦労した
というか正味2時間もかかってないやっつけ仕事で造形完了。
粘土板に置いたまま乾燥させたら、
頭とかスカートとか背面は真っ平らになってしまったw

とりあえず乾いたので彩色。
はじめは娘の水彩絵の具を借りて、全体を塗装。
なぜか娘の絵の具セットの中に「エメラルド色」があったので、
それに少し青を足して髪などを塗りたくる。

で、一日空けて自分の部屋に戻ってから
アクリル絵の具と水彩色鉛筆で顔などを描いていく。
IMG_100504_232112

まずは鉛筆で下書き。
紙に描いてから、実際に粘土の表面にも鉛筆で下書き。
それから油性ペンで目のアウトラインをつけて、
絵の具で着色。息は止めたままw

IMG_100504_232047

あとは髪留めとか紙で作ったネギとかにもチマチマ
色をつけていく。
腕の数字とかは色鉛筆の先を濡らしてから書き込んでみた。
そうするとうまい具合に粘土の上に色が乗った。
最後に目のハイライトを入れて完成!

IMG_100504_232156


ま、過去の作品と比べればだいぶマシな出来ではある。
ていうかエラ張り過ぎw
もっと精進していこう。

2009年08月01日

ほんとはそろそろ初音ミクか仮面ライダーV3に出てくる怪人のガマボイラーを作るつもりでいたのだけれど、娘のリクエストに応じてローゼンメイデン。

1237890446_198.jpg

定番の真紅。今回は100均かるーい紙粘土にアクリル絵の具を練り込んで色を付けてある。
絵の具を練り込むと作っているときベトつきが増してちょっと大変。しかも乾く途中にヒビ割れやすい気がする。
顔をどうするか思案中であるが、残念なことになるのは間違いない。

1242314267_173.jpg

そして薔薇水晶。今回のは100円ライターサイズで、真紅と同じく絵の具練り込みで作った。
配色とかはもう設定無視で。
写真じゃ見えないけれど、琴吹紬や朝倉並に太い眉を付けてある。細いのムリ・・・