たべもの

2011年05月17日

fr_335_size580


帰りにスーパーに寄って山形名物「だし」を探したけど無かったので、
面倒だけど材料買って帰って作ってみた。去年はあったのに・・・

ちなみに「だし」の正しい発音は「だす」。
ドイツ語っぽい。
だからダニエル・カールはうまいこと山形弁をマスターしたのだろうか。

というわけで、スーパーもちづきの店内でiPhoneを駆使して
レシピを確認。夏野菜たっぷりだ。
帰ってから黒田硫黄という漫画家さんの短編集『黒船』に載っている
『王子の料理・肉じゃがやめろ!』を参考に作業開始。
このマンガを読まなければ「だし」を知る事も無かったなあ。
黒田硫黄は画風が独特で、話も歴史ロマンな感じで好きな作家のひとりである。

<材料>
なす 1本
きゅうり 1本
みょうが 1〜2個
ねぎ 5センチ
しょうゆ 適量
↓あとはあってもなくてもいいらしい
大葉 5枚
乾物の切り昆布 袋の半分

正式なレシピでは納豆昆布というものを混ぜ、だししょうゆを加えて作る模様。

<作り方>
1 材料を全て細かく刻む。目標は2ミリ角w
  無理ならフードプロセッサーで。
  よく研いだ包丁でやったほうがムダな水分が出なくて良い。

2 しょうゆを加えて混ぜる。お好みで味の素や顆粒の昆布だしを適宜。

3 数時間放置。

あたたかいごはんにのせて食べるのがいいけど、
今日はビールのつまみとして冷や奴の上に載せてみた。
みょうがのさっぱり感と野菜の歯触り、
かすかなしょうゆの風味がくせになる一品である。
夏バテしそうになったらこいつのことを思い出してあげてください。
【送料無料】【総販売数19万個突破】22年産無洗米山形産あきたこまち10kg(5kgx2)【お米】 【送料無料】【総販売数19万個突破】22年産無洗米山形産あきたこまち10kg(5kgx2)【お米】


2006年08月23日


sh530002.jpg
今朝、思いつきでニセオムライスを作ったら、
カミさんおよび子供らに大好評。
いつもは朝飯をちゃんと食わないこどもらも今日は完食。

で、夕飯も調子に乗ってオムライス。
それに加えて、先日母の実家であるところの茨城で
片手間に農業を営む祖母からジャガイモが大量に届いたので、
ポテトサラダも作る。

メークインを丸ごとグラグラゆでて、熱いうちに皮剥いて、
荒くつぶす。サクサク感が、芋の中心に少し残るくらいが
ベストだと思っている。
マヨネーズだけじゃなくて酢も加えて和えるとまたうまい。

というわけで、本格的に作れば面白いし、おいしい。
子供のは卵で包み、大人のはふわふわオムレツをのっけた形。
ふわふわオムライスは当然、スプーンをつけたときに崩れて
チキンライスと絡まる、という寸法だ。

ただ、作るのは好きだが洗い物がイヤ。

2006年06月14日

06-06-14_20-45.jpgたこやき。
関西地方の家庭には必ずたこ焼きプレートがあるという。
ちなみにぼくは隣町に住む人に教えてもらって購入を決意した。関西の人ではない。
で、鉄板を買ったのはいいけれど2回しか使ったことが無い。きょうは3年ぶりにたこ焼き気分だったので材料を買いそろえてチャレンジしてみた。
どうにもひっくり返すのが難しいが、外皮が固まってきたところを見計らって串を使いぐるりと手首をひねると、以外にあっさりとたこ焼きは反転してくれた。
一度コツをつかめばあとはしめたもの。
調子に乗って作りすぎてしまった。あしたのお弁当のおかずにしてみよう。
しかし、「きつねうどんとご飯」とか「お好み焼き定食」とか、関西人は炭水化物のおかずでご飯を食べるのが得意なようだ。慣れるとなかなかいいものだけど、栄養学的にはどうしようもない感じがする。
この後、風呂上がりにかき氷を子供たちと食べた。祭りの夜のようだ。

06-06-10_21-09.jpg
こちらは先日焼いたパン。
娘が「クーちゃんがいい」と言うのでクーの顔を作ったら、「ジュース持ってるクーちゃん」とか言いやがるので体もつけた。
写真の都合で目がわかりにくいが、パン生地の性質を考えればその辺はご容赦願いたい。

2006年05月25日

06-05-24_07-07.jpg てなわけで、娘とカミさんが遠足へ行くということで作ったおべんとう。前日にハンバーグを焼き、ニンジンを型抜きして、ノリも版画用カッターナイフでサクサク切り抜いておいた。しかしこうやって見ると小さい弁当箱だ。
 今回はハンバーグそのものをクマ型にしてみたのがミソといえばミソ。小さいスプーンでネチネチ成形して焼いてみました。
 おにぎり下段はうさぎ、上段は某清涼飲(ryのつもり。
 しかしこのお弁当、娘には「味がないー」と不評だったらしく、カミさんに持たせたロコモコ風どんぶり(ハンバーグ+甘めのソース+目玉焼き)を奪い取って食べていたらしい。
 まさに親の心、子知らず。

2006年05月20日

いつぞやの遠足の際に、娘に持たせたお弁当。
qoolunch.jpg

たこさんウインナーは定番でしょう。
あとは厚焼き卵にインゲンのごま和え、小さいハンバーグに、付け合わせのにんじんグラッセはクマとヒヨコ。もちろんクッキー型を使用。
右の俵むすびは、のりを料理用はさみでチョキチョキしたもので巻いてみた。某清涼飲料水のキャラクタである。

娘の保育園は昨年から給食が始まった。
それまでは食の細い娘がどうしたらたくさん食べてくれるのか、毎朝早起きして思案し、工夫して弁当を作っていたものである。ちなみに、それは僕が無職だった頃の話。

また近いうちに春の遠足が行われる様子。
次はどんな切り絵をしたら娘に認めてもらえるのか不安だ。なにせもう娘は、リンゴを食べるときも「顔のついたウサギ」でないとおかんむりなのだから。

ちなみに、世のお母さん方はもっと凝っていらっしゃる。目眩がする。

~キャラ弁の世界~
 その1 その2

希少であることには価値がある。近所のスーパーで安売りされてたのを買ってみた。

06-01-31_19-39.jpg06-01-31_19-40.jpg
言わずと知れたクジラ肉。「調査捕鯨」の文字がまぶしい。
しかしだ、味の方はというと、かなり脂っぽくて生臭い肉。
しかも定価は5枚入りで1400円。
やはりクジラ肉は鍋物か、揚げ物にしたほうがおいしいのではないのだろうか。

05-08-05_21-23.jpg

こちらはニューコンビーフ。本来コンビーフというのは牛肉のみで作られるが、材料に馬肉が加わると「ニュー」コンビーフとなる。「ニュー」コンビーフは日本にしかないものだが、缶の形は世界共通。自衛隊モデルだけは丸缶なのだそうだ。うちの娘は、この缶を開けるためのカギ状の道具を大切に保存している。
うちではだいたいジャーマンポテト風にジャガイモの細切りを加えて炒め、塩と黒こしょうで味をつける。これをパン生地に入れて焼くとまたうまい。

「ひょっとしたらメジロマックイーンの肉が入っているかも・・・」
と思いを馳せながら食べるのが筋というものだろう。

2005年12月02日

とある朝、コンビニエンスストアで残業に備えてチョコクロワッサンを買ってみた。
車に戻ってラジオをつけると、フランスの漁師が遭難して、20日ぶりに
無事救出された、というニュースが流れた。

飲まず食わずのその漁師は、救助されてまず、
「温かいミルクとチョコクロワッサンが欲しい」
と言ったのだそうだ。

ぼくはそれからチョコクロワッサンが、もっと好きになった。

2005年07月20日

05-07-19_16-57.jpg05-07-19_17-02.jpg
(写真1枚目)
昼飯をどうするか考えて、ご飯を炊いてなかったので結局こうなりました。ツナとポテトのピザ、そして焼きカレーパンです。最近「ピザでも食ってろデブ」ってセリフが耳について離れないのでピザが食べたくなってた影響もあります。カレーパンの具はウインナーとピザの具の余ったやつをカレー粉で炒めただけ。もう少し工夫しろ俺。

(そして2枚目)
前から気になってたトウフ。
その名も「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」。ありえない。

これは茨城の豆腐屋さん「三和豆友食品」またの名を「男前豆腐店」の商品。最近はテレビでも紹介されてるみたい。
ほかにも「男前豆腐」、「喧嘩上等やっこ野郎」、「厚揚げ番長」とそのライバル「がんも番長」など漢(おとこ)な商品満載。これはもう学ラン着て食うべし。


2005年07月05日

05-07-05_19-53.jpg

ついつい大きく作ってしまうのがメンチカツ。
ひき肉に塩コショウ+ナツメグ。
タマネギの刻んだ奴を炒めずに入れて
パン粉も入れて、練り上げる。
牛乳は、無いからいいや。
おいしく作るにはパン粉を牛乳でふやかすといいそうですよ。
隠し味にはウスターソースをひとさじ。

ちなみに、キャベツをザク切りして練り込むとうまいです。
今日はキャベツも切らしてるし・・・ orz。
大事なのは、適当につくること。
あんまりおいしくなくても納得できるからw

2005年05月04日

なんか最近、ブログを書こうとしても全くつながらず。
それでも見てくれてる方々、ほんとうにありがとうございます。
いよいよ3000ヒット超えのようでますます恥ずかしい限り。

さて、この空白期間。
だいたいは会社でお勉強と運転をしておった訳ですが、休みの日とかはやあがりの日とかちょくちょく料理は作っていたので、久しぶりに料理特集と参りましょう。

05-05-01_20-32.jpg
いわずもがなのゴーヤチャンプル。うちでは、塩コショウ+かつおだし+酒+しょうゆで炒めます。具はゴーヤにトウフ、豚肉、卵。ゴーヤは薄切りして水にさらしてから使います。なかなかゴーヤが安くならないけど、暑くなると無性に食べたくなる一品です。














05-04-17_07-49.jpg
こちらはある日のぼくのお弁当。
チーズと卵焼きのサンドイッチにイチゴ。あっという間に食べ終わり、あっという間に腹が減りました。やっぱ日本人のメシは米。
















05-04-14_11-20.jpgこれは奥の黒いヤツが茄子の揚げ浸し。茄子に切れ目を入れて、油で揚げて、めんつゆに浸したものです。大した料理じゃないのに、ウマイ。茄子にはおろしショウガを添えると幸せ。同居人はショウガが嫌いなので入れてません。
手前は鳥の唐揚げ。味付けは酒+醤油+おろしニンニク+ごま油。揚げやすくするために肉は小さく切り、衣は薄めにしてます。