2014年12月30日

mini__DSC0780

さて、今日は年末の準備のついでに赤いミシン糸がなくなりそうだったのでふらりと手芸店へ行ってみました。
そしたらちょっとかわいい生地を見つけてしまったので衝動買い。1mで1500円なので安くはないけど、普通の綿プリントのようでいてところどころシボ加工が入っています。

で、帰ってから思いつきでうちのオビツ50ドール「ブラウ」に和服を縫うことにしました。
型紙は・・・ボディに定規を当てながら手描きで適当に設計図を描いて、生地に直接製図をしていきました。
実寸大型紙はかなり紙のムダなので作る予定はありませんが、そのうち設計図だけでも清書して載せようかと思っています。

採寸してわかったのですが、このオビツ50の「ブラウ」ちゃんは非常に足が長い!
人間用の「乙女のソーイングBOOK・4」に載っていたミシンで作る和服を参考に型紙を取りましたが、人間用のとバランスがずいぶん違って苦労しました。
前身頃と後身頃をつなげて裁断したので、1mほどの生地が必要です。幅は少ないんですけどね。

mini__DSC0781

袖がもうちょっと大きくても良かったかな。
でも球体関節が見えてわたくし的には良し。

例によって伊達締めや腰紐を平ゴムで作って着付けました。
オビツ27の着物に比べると、格段に着付けはラクです。

生地が正月ぽいかどうか微妙だったので、帯は太鼓の作り帯にしてみました。
ちょっとよそいきな訪問着の感じで。

帯締めはヘアゴム、帯揚げはちりめんですがちょっと生地が厚くて浮いてますね。
でもドールが大きいと生地の厚さもあまり気にせず縫うことができて楽です。

 mini__DSC0785

今回は衿付けの位置を低くしたので、「衣紋の抜き」もばっちり。
うなじが見えるのがステキです。

自分なりに納得のいくできだったので、今度は同じ図面を使って絹でも作ってみたいものです。
だけど、生地の消費量がとんでもない(笑)


(2014/1/5 追記)さて、こちらの着物の縫製に使った図面をPDFファイルにしました。
なにかの参考になれば幸いです。(実寸大型紙ではありません) 

50cmドール用着物型紙(PDF)
 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字