型紙記事をまとめました。各記事より印刷してご利用ください。
22cm振袖型紙 http://fahrenheit.dreamlog.jp/archives/5213398.html
27cm振袖型紙 http://fahrenheit.dreamlog.jp/archives/5211023.html
22cm袴型紙 http://fahrenheit.dreamlog.jp/archives/5188644.html
27cm袴型紙 http://fahrenheit.dreamlog.jp/archives/5209904.html
27cm用セーラー服 http://fahrenheit.dreamlog.jp/archives/5207524.html
22cm用セーラー服 http://fahrenheit.dreamlog.jp/archives/5206239.html
22cm用うさ耳パーカー http://fahrenheit.dreamlog.jp/archives/5207248.html
各種プリーツスカート http://fahrenheit.dreamlog.jp/archives/5206354.html

2014年01月21日

ダイソーでは「エリーちゃん」という着せ替え人形が売られていて、小物やアウトフィットも100円でさまざまなものが置かれている。
今回、ダイソーに行く機会があったので、恥ずかしながら学校の制服と浴衣のセットを買ってみた。
浴衣の方は草履目当てで買ったものの、割とかわいらしいので少しいじってから着せてみようと思う。

で、制服のほうを無理やりジェニーさんに着せてみた。ちなみに白いニーハイは友人の手作りで頂き物。 
JKジェニー

かなり丈があやうい(笑)
そもそもエリーちゃんは22センチドールなのでリカちゃんには合うのだけど、27センチのジェニーさんだと心配な感じ。でもかわいい。

そして今回悲願のワンピースを縫ってみた。
(型紙と作り方はSakuraCity様を参考にさせていただきました。
22センチと27 センチドールの洋服や小物を簡単に作る方法が満載で見てると「作れそう!」って思えるステキなサイトです。)

fr_1653_size640

左のワンピは「手芸のTOKAI」のパッチワークコーナーで見つけたハギレを組み合わせて作り、裾に赤いレースをおごってみた。
こちらは上下を別々に作ってスカートにボリュームを出すタイプ。
リボンも作って裏に針金フックを付け胸元に飾り、ビーズでネックレス的なものも作ってみた。
ネックレスはマグネット・クラスプを使用したので付け外しがラクだが、重いので後ろへ引っ張られ、チョーカーになってしまった。

右のワンピは前回のプーリップ・ミクの振袖で作った余りを利用したもの。を借り物のスペシャルなリカさんに着てもらった。 さすが限定モデル、髪型も肌色も顔も違う!
草履はダイソー・エリーちゃんのをむりやり履かせているので、かかとが出てる(笑)

このシルエットのワンピもステキ。余った布でくしゅくしゅのベルトと薔薇のコサージュを作ってもらい、付けてみたら見栄えも少しアップ。
こちらは白いビーズでパール的なネックレスにしてみた。

そしてプーリップ・初音ミクもさらにディテールアップ。
P1010563
ビーズのかんざしと巾着袋を作ってもらった。かなり初詣感アップだが、もう1月下旬か・・・ 

2014年01月03日



P1010536

お久しぶりでございます。 

最近はtwitterに入りびたりですが、思い立って我が家のドール 
「プーリップ・初音ミク」の服を縫うことにいたしました。 
生地は牧の原の手芸店「大石しん店」のワゴンセールで
かなり前から買い込んであったんだけども。


で、今日はワンピでも縫うかと思って型紙をネットで漁り、 
ずいぶん省略された型紙で使い方が分からずおろおろ。
その後、和服の型紙を見つけてこれならなんとか
なるんじゃね?と
思って製作開始。
 
プーリップは27cmドールのカテゴリになるんだな、ふむふむ。
さらに細かい話をすると、このプーリップは2011年製なので
『4thボディ』になります。

で、プリンタで型紙を印刷して切り取り、 
チャコペンで布に書き写し、裁断して縫製。 

かがり縫いとかなみ縫いとか用語分からないくせに縫い進め、 
粗い縫い目ながらも6時間掛けて帯まで完成。
襦袢も帯止めも省略・・・それ浴衣じゃんっていう。
 

巨大なツインテを三つ編みしてサイドに針金でまとめてから、
ミクさんに着せてみた。 
演歌歌手風0

お振袖はやっぱりかわいい。草履も作らなきゃー
ちなみに、押入れから引っぱり出してきたジェニーちゃんでもしっくりくる。
正直、ジェニーちゃんなのかリカちゃんなのか区別付いてないけど(汗
ジェニーさん0

文庫帯e400

友人に写メで見せたら「それ文庫帯でしょ?」といわれ
何のことかわからずググッてみて理解した。
リボンじゃないんだ・・・
つまり、帯の位置を間違えてたので、このあと直しました(笑)

型紙&作り方はこちらの77-16,soragaoka様より拝借いたしました。
ありがとうございます! 

<追記>
この後、和服を嗜む女の子にいろいろ手直しをしてもらい、髪飾りもつけてみました。
 P1010547
飾り襟、帯締め、帯揚げなどをつけてもらったら一気に本格的になりましたとさ。


 

2013年06月12日

携帯電話をiPhone4からiPhone5に買い換えて困ったのが、30PinDockのAVケーブルが使えなくなったこと。
なので車に乗るときは仕方なくiPhone5のヘッドホン端子に3.5mmのステレオケーブルを刺して音量調節スライダーをいじってカーステレオにつなぐという、iPhone3Gを買ったころのめんどくさい生活に舞い戻ってしまった。
もちろん充電ケーブルは別で刺さなきゃならない。

いよいよ我慢がならないのでApple Lightning Digital AVアダプタを購入したが、これはHDMI出力しかないので、このままでは自分の車で使えない。

なので同時にHDMI→RCA変換アダプタも購入して、映像信号は既存の9インチモニタに送り、音声はカーステレオにつないでなんとかしていた。
ちなみに黒くて細い線は充電用のLightningケーブル。Belkin製なので純正と同じ値段(笑

fr_715_size880


だがしかし、これではせっかくの高画質が無駄だし、iPodの曲リストやナビを表示させると文字がつぶれて読めない
という不満が解消されないので、結局HDMI入力つきのモニタを付けることにした。

fr_841_size880

今度のモニタも中国製だが、10.1インチでとっても大きい。映像入力はmini-HDMI入力がひとつ+RCAふたつ。バック信号入力も付いてる。使わないけど。
高解像度WXGA/LED液晶で1280×800ピクセル表示だという。これならiPhone5の画面にも合いそう。

ここでもうひとつ問題。HDMI出力でモニタにつなぐと、今度は音声をカーステレオにつなぐことができない。
このモニタにはヘッドホン出力があるので、そこからカーステレオにつなぐという手もあるが・・・
悩んだ挙句、上海問屋で「HDMI Splitter」なるものを購入。
fr_878_size880

これでHDMIモニタと既存のRCA変換器を同時利用できる。

比較画像。(Nokia6630で撮ったので画質が悪いですが)
左がHDMIで右がRCA接続。画質の差はわかっていただけるかと。
hikaku
これでナビの字も読める。


20130520
アイコンの字も読める。


20130520(004)

ミクさんも美しい(笑) 歌詞も読めます。

 20130520(003)
バックモニタも見やすいが、いかんせん画面の光沢が邪魔(笑)

肝心のコストは以下の通り。
モニタ 8800円(送料込み。ヤフオクのKATSUNOKI国際様より)
Apple Lightning Digital AVアダプタ 4200円
HDMIケーブル 必要数3本で2000円ほど(Amazon)
HDMI Splitter 2100円(上海問屋様より)

既存のHDMI-RCA変換器はAmazonで3000円 。
BelkinのLightningケーブルはヤマダ電機で1600円。
結構カネかかったなあ・・・ 

2013年05月20日

流行りのドライブレコーダーを付けてみた。
本体は2500円、SDカードは32GBで3000円くらい。安くなったものです。 
で、こういう中国製ドラレコを二つ買って前後に装着。

フロント用。
fr_882_size880


リア用ドラレコにはAV出力が付いてたので、あまった9インチモニタと組み合わせて使用。
このために右後方に隠れていたシガライター用配線を引っぱり出して電源を確保。
 fr_883_size880

暗いので何も映ってないけど、後ろから見るとこんな感じ。
 
BlogPaint

今のところ、あんまり煽り防止にはなってない・・・。

以前、ステップワゴンの車検でお金が足りず、ゼファー750を売っぱらって早4年。
なんかやっぱりバイクに乗りたくなってでも車検とか無い小さいバイクでいいやと思いつつヤマハのビーノ125を見にバイク屋へ行っていろいろ物色した結果、なぜかカワサキ・エストレヤを購入することに。 
もちろん男のIYH。1万×2年です。

95年式でアルミ腐食も相当すすんでるけど、赤×黒のタンクカラーとメッキフェンダーに一目ぼれ。
垂直なエンジン、タンクの造形、シートのラインとパイピング、ホーンの形状、キャブトンマフラー、スイッチ類、どれをとってもおしゃれ。
他社のレトロ風バイクはタンクが角ばって細くて貧弱に見えたり、エンジンの造形も気に入らない。
メガホン形状のマフラーもあんま好きじゃないし。
お金があったらトライアンフのボンネビルかカワサキW650/800を買ってたと思う。

買ってすぐサイドバッグを付けた。中身はパンク修理キットとタイヤレバーとコンプレッサー(笑)
バッグ中央に星のマークが入ってて、まさしくエストレヤにぴったり。
fr_590_size880

単気筒のバイクは面白い。ぶわーっとエンジンを吹かしてもいいし、トコトコ走っても味わい深い。
水冷四気筒が嫌いなぼくは、やはりトルクと鼓動を感じられる二気筒や単気筒の空冷エンジンが好きだ。
エンジンは生き物だって思わせてくれる。
うわさに聞くエンストの症状もまったくなく、乾いたタペット音も響いてくるがぼくは好きである。
暖機しないと機嫌が良くないところもかわいい。

しかしタイヤの細いこと。エストレヤの後輪は以前乗ってたTRXの前輪と同じ太さwww

キーホルダーはバイクに合わせて赤い目の黒クマをビーズで自作。
エンジンの造形まできっちりデザインされてる。
fr_667_size880

ふらりと久能海岸を流してみたり。

 fr_748_size880

ふらりと日本平の旧道を通って茶畑で休憩。
fr_750_size880

まだ買ってから二回しか給油してないけど、燃費は35Km/L。すばらしい。
 

2012年07月29日

gn125


学科教室に教材として20年間展示されていたスズキのGN125を、再び走らせるべくレストアすることになった。
このバイクは日本製でキャストホイール、タンクのカラーリングがブルー/シルバー、サイドのエンブレムが「GN125」なので、おそらくベース車は1990~95の間に生産されたGN125EMだろう。
すでにどのバイクメーカーでも作っていない小型自動二輪の教習車仕様である。
そのため普通のGNと違い、現在はプレミア価格で取引されている。
そう、なんとか走るようにしなければバカ高い中古車を買わされる羽目になるので、修理も必死www

まずは3階の教室から下ろすのに一苦労。5人がかりで階段を無理やり通してなんとか成功。

で、どこから修理するか目星をつけるのだが、このGNはなんかケミカルな香りがしてくる。
おそらく変質したガソリンのにおいだろう。 
通常、バイクを長期保存する場合はタンクとキャブレター内のガソリンを抜き、オイルも抜くはずなのだが、この会社の昔の人たちはバイクも車も全部外注で治していたらしいので、そういう常識を知るはずも無い。

ということで、シートを外し、エアクリーナーを緩めてずらして、キャブレターをごっそり取り外して分解。
悪い予感は的中。 
キャブレター内は変質したガソリンがペーストというかタール的な感じでべっとり。
気持ち悪いので写真は載せないwww

で、ブレーキクリーナーでは歯が立たないので、ドライバーでタールをおおまかにこそぎ落としてから細かいパーツまで分解し、ガソリンの海に漬け置き。
取り出してからクリーナーや細い針金(荷札用がベスト)を駆使して オーバーホール。
全ての穴が貫通した瞬間大喜びwww

当然、タンク内も異常な液体が残っていたので、すべて抜き取り、ガソリンを入れて振ってきれいにした。
そのまま汚れを溶かして燃やしてしまおう。

紆余曲折あったものの、オイルを補充してタイヤに空気を入れて、バッテリーをつないだらあっさり始動したので拍子抜けしたのは否めない。
負圧バルブの戻りが悪くて回転数の戻りが少し悪いが、まあ走行できるレベルなのでよしとする。
3年ぶりにMT2輪を運転したので怖かったwww

ここからは教習車ならではのお話。
写真を見れば分かるが、二輪の教習車にはフロントとリアにさまざまなインジケータがついている。ヘッドライトの下にあるのがギアポジション(1~4速)、上段にあるのがエンスト・前ブレーキ・後ブレーキ・時速30キロのランプ。
で、肝心の時速30キロ出たことを示すランプがつかない。これが点灯しないと、指示速度や急制動の課題履行条件に関わるので、なんとしても修理が必要。

ちなみに、教習車仕様ではスピードメーターケーブルにおまけが付いてて、これで速度のパルスを出している。
BlogPaint

写真中央の黒い箱。中身は永久磁石とセンサーと思しき薄い鉄板が入っていた。
磁石回る→鉄板くっつく→電気流れる→鉄板離れるのループ。アバウトwww

で、この配線とランプの配線がどこへつながっているか探す。
この教習車用の配線は後付なので、非常に入り組んでいてめんどくさかったが、
束のようになっている後付の配線を追っていき、バッテリーの下へ到着。

写真中央にうっすら見える、太いケーブルが刺さった黒い箱があやしい。
BlogPaint


この黒い箱を開けて原因がわかった。
BlogPaint

左上のリレーが腐っている。リレーを分解したら、内部がさびてボロボロ。 
リレーを交換すれば直りそうだが、メーカーの富士通でこのリレーはすでに作っていないし、デッドストックも数千円で入手困難。
幸い富士通のサイトに同等品の回路図があったので、マルツ電波へ行き12V動作で似たような定格のオムロン製リレーを見つけて300円で購入してみた。
またもやマルツ電波GJである。

ただ、足の配置がぜんぜん違うので、無理やりつけてみた。
INとOUT、GNDさえ間違えなければ大丈夫、のはずwww(配線のうち、2本はGND)
fr_565_size880
中身が見えて今度は安心www
無事に30キロの赤いランプが点灯するようになりました。 

ちなみに、電気ドリルを逆転状態にしてスピードメーターケーブルにつなげば、走らなくてもメーターやセンサー
のチェックはできます。

2012年04月02日


ということで、セリアで黒と白の羊毛を買い、ニードルで一時間くらいかけてチクチク作った。

白を使ったのはツキノワグマの模様だけだがw
あえて目は付けずに完成。
かなりテディベア体型に近づけた気がする。

2011年11月20日

アクセス解析をしてみたら一番多いのが「iPhone ケーブル 68k」とか「iPhone ケーブル 自作」とかだったので、Dockケーブル自作を目指す人たちのために写真を撮り直してみた。


下の写真は以前作った車載用の自作Dock+オーディオケーブル。
このケーブルはiPhone3GとiPhone4とiPod nano(6th)でオーディオ出力、USBで同期と充電ができるようになっている。
さらに自作でありがちな「警告」は出ないので安心して使える。

イヤホン端子よりDock出力の方が音質が良い事は言うまでもない。
FMトランスミッタを使っていて、音質やノイズに悩んでいる人は作ると良いと思う。

fr_456_size580

もともとは100円ショップの「iPhone/iPod用 USBケーブル」だが、同じものを3つ買い、そのうち2つは全バラしてピンを抜く。
そして、温存しておいたもう1つのコネクタを分解して6本のピンを追加して作る。
100均ではさらにステレオミニ延長ケーブルを買っておいて、適当な長さに切りオーディオ出力に使うと安上がり(2、3、4ピンにつないでいく)。
そして、1pinと11pinを短絡させれば、警告はでるものの普通に使えるらしい。
(これは2ちゃんねるからの情報です。iPhone板のみなさんに感謝)

ただし、警告を回避するためにはiPhoneの場合68kΩの抵抗が必要なので、電子部品ショップで購入しておかなければならない。
そして、電子部品ショップには大抵「iPod用コネクタ」が300円くらいで売られているので、それを使った方が作業しやすい。静岡だと駿河区八幡にあるマルツ電波が便利。

さて、材料が揃ったところで「USBは16、23、25、27ピン」という前提で話をすすめる。
(サイトによっては逆から数えるところもあるので注意)

2 Audio GND
3 Audio R
4 Audio L

11 serial GND(15ピンと直結)
15 ┓68kΩの抵抗で21ピンと接続
21 ┛ 
の各所に足りないピンを刺し、ハンダ付けをしていく。
電子部品店でDockコネクタを購入した場合は、余分なピンを抜いておいた方が作業しやすい。

最後に11ピンと15ピンをジャンパ線でつなぎ、全てのピンで導通と絶縁をチェックしたらフタを閉めてできあがり。

ではデジカメで撮り直したDock内の画像。

dock

写真のいちばん左側が1ピン。
11,15,21ピンの接続は警告回避のため。この辺の接続を間違えると、iPhoneがケーブルを認識しないためにオーディオ出力もできなくなる。

一応参考資料として海外サイトに載ってるピンアサインもご覧ください。
21pinのところには機種別に何オームの抵抗を使えば良いかの解説も出ています。
あとは、自己責任で。
ミリ単位のハンダ付けなので、自信の無い人は専用ケーブルを購入しましょう。

MacGizmo iPhone/iPod用USB Dockコネクタケーブル(ホワイト) MG31MC-WT[MG31MCWT]【返品種別A】 MacGizmo iPhone/iPod用USB Dockコネクタケーブル(ホワイト) MG31MC-WT[MG31MCWT]【返品種別A】


9インチモニタと同時に購入しておいた中国製バックカメラ(送料込み3000円)を装着してみた。

雨の日に作業したので写真は取ってないけど、まずはリアゲートの裏面パネルを外す。
外すネジは取っ手の隠しネジが2本、ラッチ周辺に2本。
あとはパネルを周辺からこじて外していく。パネル中央部のピンが取れにくくて折れたが気にしない。

で、カメラ本体の位置決め。
fr_447_size580

最初はナンバーの上部に付けてみたけど、モニタの映像を見たらバンパーが映らない。これではギリギリに寄せたい場合に役立たないので、試行錯誤した結果ナンバー横に付けてみた。

配線は本来、リアガラスの脇を通してブレーキランプなどの配線用ホールを通して車内に引き込むのだが、面倒なのでナンバー灯の配線を止めているゴムパッキンをずらして通し、内装パネル上部に出した。
BlogPaint



この車の場合カーテンで隠れるので気にしない。

で、車内へは余裕を持たせてビニールテープで巻き、モールで引き込む。隠れてないw
fr_448_size580

fr_449_size580

あとはフロアマットの下を通して、助手席下に出してあるモニタの入力端子に結線。
電源線は通常バックランプ配線につなぐのだが、自分の使い方だと常時通電しておきたかったのでリアゲートから延長してきて、助手席下のパワーアンプから分岐して接続した。

で、車の後ろにぬいぐるみを置いて映像を確認してみる。
fr_451_size580

モニタではスレスレに見えるけど、
fr_452_size580

まだ10センチほどいける。
まあ安全マージンを考えてこれ以上セッティングは煮詰めないことにする。

ちなみに、使っている9インチモニタにはバック入力が無いため、映像の切り替えは手動。
そのかわり、走行中でも後方の画像を映せるので、後続車が車間距離を詰めてきたときなどに映すとたまに離れてくれる人がいるw

オーディオの配線もちょっと簡素化してみた。
BlogPaint


モニタを付けてからは走行中にiPhoneを使ってYoutubeやニコニコ動画を流す事が増えた(見れないけど)ので、iPhoneのオーディオ専用Dockは外してしまった。

以前、スーパーウーハーを組んだとき、容量は合ってるけどまるっきり定格の足りないインダクタを使用してLRフィルタを付けたら発熱がすごかったので、今回は安くて熱にも強いセメント抵抗を使ってCRフィルタを作ってみた。

実はその間にオペアンプを使ったフィルタ回路も作ったのだけれど、オペアンプの選定がまずかったせいか音が割れまくったのでお蔵入りに。

今回はカットオフ周波数を前回より高めの150Hzに設定。前回の100Hz設定だとほんとに低音しか出てこなくなってしまい、ドアスピーカーの負担を減らすという目的に合わなかったため。

コンデンサは前回のを流用するので220μFのままで、セメント抵抗は20Wの5Ωを購入して付けてみた。

fr_454_size580

取り付けて実際に聴いてみると、思ったより高域まで出てしまっている。
なのでケーブルを交換して2列目と3列目のシートの間にウーハーを移設。

fr_455_size580

運転席から遠くなったので、自然に低音が出ているように聴こえる。
けどやっぱりセメント抵抗も熱いw